内科・神経内科・泌尿器科

名古屋市中村区にある内科・神経内科・泌尿器科 クリニック ヘルスケアテルミナ

お役立ちコラム

筋肉は加齢とともに減っていく

内科

神経内科

代謝は加齢とともに減っていきます。体内に取り入れた栄養分を燃やすのが代謝です。若い頃より食べる量は少ないのに中年太りするのは、代謝が低下しているからです。代謝できず余った栄養分は大抵は脂肪として蓄えられます。だから太るのです。
代謝の場の代表が筋肉です。加齢とともに筋肉は減っていくので代謝も低下していきます。筋肉が減り、脂肪を燃やせなくなると、体重に占める脂肪の割合(体脂肪率)は逆に少しずつ増えていきます。

 

筋肉が減ると脂肪が増える。脂肪が増えると・・・?

 

老化と共に筋肉が減っていくことにより、色々な病気が襲って来ます。そのキーポイントが内臓脂肪の増加です。
筋肉で糖質が燃え、残ると脂肪が増えると述べましたが、脂肪がすべて悪いわけではありません。脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪があります。皮下脂肪は内臓を保護する働きがあり、"良い脂肪"といえますが、内臓脂肪は"悪い脂肪"です。内臓脂肪は色々と悪いホルモンを分泌して動脈硬化ばかりか、癌や認知症なども引き起こします。概して女性より男性に内臓脂肪が多く、男性のほうが10年近く平均寿命が短い原因の一つといえます。内臓脂肪は腐りやすいから、病気を起こしやすいのです。
老化とともに皮下脂肪の割合は減り内臓脂肪の割合は増えると考えられています。女性は始めのうちは皮下脂肪が多くても、更年期を過ぎて女性ホルモンが分泌されなくなると、皮下脂肪が内臓脂肪に変わっていってしまいます。女性は男性より約10年遅れて動脈硬化が始まります。真っ先に燃やさなければならない脂肪が、内臓脂肪です。内臓脂肪は腐りやすいからです。その代わり、皮下脂肪より内臓脂肪のほうが燃やしやすいのです。若いうちは、内臓脂肪が生まれても、燃やしやすい内臓脂肪から燃やされます。ところが代謝が低下していくと、内臓脂肪も余っていきます。その結果、中年期を過ぎると色々な成人病が発症することになります。これがメタボリック症候群の正体です。

            【内臓脂肪】                 【皮下脂肪】

 

 

 

関連したお役立ちコラム