内科・神経内科・泌尿器科

名古屋市中村区にある内科・神経内科・泌尿器科 クリニック ヘルスケアテルミナ

お役立ちコラム

1月より名古屋市「もの忘れ検診」開始

内科

内分泌内科

神経内科

もの忘れ外来

 WHOによると、日本を含め世界では認知症患者さんが、2023年7600万人、2050年には1億3500万人になるといわれています。これは約3秒に1人が、世界のどこかで新たに認知症になっていることになります。
日本でも、高齢化に伴い認知症患者さんは、2012年462万人約7人に1人の割合でしたが、2025年は約700万人となり、65歳以上の約5人に1人が発症しているという驚くべき状態となるのです。
では、認知症患者さんの社会的費用はどうなっているのでしょうか。
年間で医療費1.9兆円、介護費6.4兆円、インフォーマルケアコスト(家族等が無償で行うケアにかかる費用)が、6.2兆円、合計14.5兆円がかかることになるのです。

 認知症の50%はアルツハイマー型認知症ですが、この病気は完全に治す事ができません。近年は、<早期発見><早期治療>によって、進行を防いだり、遅らせることができます。また上に述べたように莫大な費用がカットできるかもしれません。
名古屋市では認知症を早期に発見をし、適切な治療につなげることや、予防のきっかけにする為に、1月より「もの忘れ検診」を実施することになりました。
当院で、検査をすることができます。また、専門医の診察、治療もできます。
最近もの忘れがでてきて…と心配している方は、ご相談下さい。

関連したお役立ちコラム