内科・神経内科・泌尿器科

名古屋市中村区にある内科・神経内科・泌尿器科 クリニック ヘルスケアテルミナ

お役立ちコラム

脳のフレイルになる前に「もの忘れ検診」を!!

内科

内分泌内科

神経内科

老後(後期高齢を過ぎた75歳以後)、注意しなければならないのが栄養失調です。中高年での病気の原因は栄養過多によるメタボですが、老後は真逆の心配が起こります。栄養失調、運動不足などが重なった老人が陥りやすいのがフレイル(虚弱状態)なのです。

フレイルになってから、あたふたしても時すでに遅しです。フレイルになる前の中高年のうちに予防しておかなければなりません。

それではなぜフレイル予防をしなければいけないのか?それは少しでも元気な状態で生活していかなければならないからではないでしょうか。誰も寝たきりで家族の世話にはなりたくないものです。

フレイル(虚弱状態)は、様々な病気を引き起こしてしまうのです。
心臓にフレイルが起こると慢性心不全、肺にフレイルが起こると誤嚥性肺炎、脳にフレイルが起こると認知症など取り返しのつかないことになってしまいます。

名古屋市では65歳から「もの忘れ検診」を無料で受けることができます。
昔に比べて若々しい方も多くいらっしゃるので、まだまだと思われている方も多いのではないでしょうか?認知症は早期発見、早期治療がとても大切です。しかしながら、家族の方に無理やり連れて来られ、かなり進んだ認知症が発覚する場合も多く見られます。そうなってからでは遅いのです。

「もの忘れ検診はまだまだ」と思われている方も、脳のフレイルになる前に早めの検診を受けられることをお勧めします。

関連したお役立ちコラム