内科・神経内科・泌尿器科

名古屋市中村区にある内科・神経内科・泌尿器科 クリニック ヘルスケアテルミナ

お役立ちコラム

afterコロナ ~目指せ貯筋!!~

内科

内分泌内科

神経内科

もの忘れ外来

呼吸器内科

コロナウイルスもだいぶ落ち着いてきました。しかしながら、コロナウイルスを恐れ自粛生活していた間にどんどん身体や頭の働きが低下してはいないでしょうか。一週間寝たきり生活を続けると15%の筋力が低下します。更に一か月経つと半分以上筋力が落ちます。afterコロナの今、積極的に身体を動かし、脳を動かしフレイルにならないよう、次のことを意識して生活をしていきましょう。

 

①しっかり食べて栄養をつけましょう
筋肉、骨、血管、神経細胞などフレイルで弱っていく体内の器官や物質の主成分は蛋白質です。老後はどうしても消化、吸収が低下するので、多目に肉、魚、豆を摂り、バランスの良い食事をしましょう。

 

すいた時、すいた場所を選び外の空気を吸いましょう
座りきり、寝たきりを防ぐ最低歩数は3000歩くらいです。家にこもっていては足腰が弱ってしまいます。密にならない時間帯・場所を選び散歩に出かけましょう。

 

③テレビ体操などを観て、自宅で出来る運動(筋トレ)をしましょう
体幹を鍛えることはバランス向上、代謝改善につながります。体幹を鍛えて姿勢を整えることは、呼吸を深め誤飲を減らします。フレイルの先に座りきりや寝たきりが待っているので、しっかり立ち、しっかり座るため、体幹筋の強化をし、筋肉の衰え予防をしていきましょう。

 

電話を活用しおしゃべりを楽しみましょう
コロナを恐れて人との交流を避けるようになると、口の筋肉が衰えて食べ物を噛む力や舌の動きが悪くなります。電話を活用し意識して人との交流をしていきましょう。歌を歌うのもお勧めです。

関連したお役立ちコラム