内科・神経内科・泌尿器科・内分泌内科・呼吸器内科・緩和ケア内科

名古屋市中村区にある内科・神経内科・泌尿器科 クリニック ヘルスケアテルミナ

お役立ちコラム

認知症は治療より予防?

内科

神経内科

もの忘れ外来

 もの忘れ検診や神経内科を受診し、認知症(主にアルツハイマー病)が診断されたら、早く治療を始めなければなりません。認知症では早期診断、早期治療が大切です。

 そこで困るのは、アルツハイマー病に根本治療がないという点です。 アミロイドを抑える研究は失敗の連続でした。アルツハイマー病だけでなく、レビー小体型認知症や前頭側頭型変性症なども、やはり根本治療がないのが現状です。言葉は悪いですが、これらの疾患は“腐り病”であり、ミカン箱の中のミカンの一つが腐ると、その周りから腐っていくのと同じように、腐っていくことを止められないのです。

 アミロイドを退治したり、アミロイドから神経細胞を守る薬はないのです。現在のアルツハイマー病治療薬は、神経細胞が減ることで足りなくなった神経ホルモンを補充しているだけです。戦争に例えるなら、敵に領土内へ攻めこまれた敗戦濃厚な局面で、少ない兵隊に弾薬を供給しているようなものです。

 そのような背景から、アルツハイマー病は治療より予防に力点を置くべきで、それも出来るだけ早期に始めることが大切です。敵(アミロイド)に攻め込まれていないうちが勝負です。

 アルツハイマー病が発症する20年前から“認知症の道”が始まっているということを認識して下さい。余って(アミロイドが)、腐って(神経細胞が)、減って(神経ホルモンが)、アルツハイマー病が発症するのですから、どこまでが予防で、どこからが治療かははっきりしません。医学の進歩とともに、アルツハイマー病が発症するもっと以前に目が向けられるようになってきています。認知症(アルツハイマー病)においては、治療と予防は混然一体であると思います。

 

 

関連したお役立ちコラム