循環器内科・内分泌内科・神経内科・呼吸器内科・泌尿器科・緩和ケア内科

クリニック ヘルスケアテルミナ

EPARK 24時間いつでも ネット受付はこちら 訪問診療部門OPEN 訪問診療/24時間365日

循環器内科

  • 動悸、息切れがするようになった

  • 胸がなんだか苦しい

  • 血圧が高くなった

  • むくみが気になる

心臓病は、血液を正しいリズムで体に送り出すポンプの不具合です。心臓自身を養う血管(冠動脈)の動脈硬化により引き起こされる狭心症・心筋梗塞や心不全、弁膜症、不整脈はその代表疾患です。
当院では、心電図、超音波、24時間心電計、心不全指標の採血などにより迅速診断し、循環器専門医による適切な薬物療法を行っています。精密検査が必要な場合には、連携している名古屋第一病院で心臓血管のCT検査、MRI検査などを依頼して最新の診断治療を行っています。心臓疾患にとって重要な運動や栄養指導も行い、質の高い生活を目標とした包括的な医療を行っています。

  • 心臓超音波検査、心電図による心機能評価

  • 小型、超軽量の24時間心電計の導入

  • 心不全指標や脂質データなど採血検査の迅速診断が可能

  • 動脈硬化の指標として頸動脈エコー、脈波伝播速度の活用

対象疾患

  • 狭心症などの虚血性心疾患

  • 心不全

  • 弁膜症

  • 高血圧症・脂質異常などの生活習慣病

  • 心房細動などの不整脈

  • 動悸・息切れ

  • 動脈硬化

診療方針

「高血圧」、「心電図異常」などを指摘されたり、「心雑音」、「不整脈」、「狭心症」の精密検査を勧められたらご相談ください。
「息が苦しい」、「足がむくむ」、「胸が痛い」などの症状がある場合も要注意です。一刻も早く受診してください。

  • 1息が苦しい

    運動すると息が苦しくなったり胸がしめつけられるときは、心不全を起こしている可能性が高いため、早急な診断と治療が必要です。原因として心機能低下、腎機能低下、肺疾患、貧血、甲状腺疾患など様々な原因が考えられます。横になると息が苦しくなる時には重症化している可能性あるため至急の受診が必要です。

    詳しくはこちら

  • 2足がむくむ

    両側下腿を指で押すとへこんで跡が残る場合は、浮腫といって、血液中の水分が血管外に漏出した状態です。心不全や腎不全を起こしているかもしれません。肝臓病や低アルブミン血症などの合併もあり得ます。精査の為に受診を勧めます。

    詳しくはこちら

  • 3胸が痛い

    早足で歩いたり階段を上ると胸が苦しくなったり痛みが起きるときには、労作性狭心症の可能性があります。過去になかった胸痛が最近起きるようになったり、安静にしているのに胸が痛いときには、不安定な心臓の重症病変が隠れている可能性が高いため至急の受診が必須です。

    詳しくはこちら

  • 4動悸

    突然鼓動を強く感じる、モヤモヤする、めまいやふらつきを感じるときには不整脈を起こしている可能性があります。発作時に心電図を記録できれば早期診断が可能です。しかしながら発作性の不整脈は普段の心電図では見つけられないこともあります。このような場合には24時間心電計による心臓のモニター装着をお勧めします。高齢者においては、リスクの高い不整脈である心房細動を起こしている可能性があります。脳塞栓や心不全をひきおこすことがありますので早期の受診をお勧めします。

    詳しくはこちら

  • 5動脈硬化

    人は血管とともに老いると言われています。高齢化の進んだ私たち日本人の血管には知らない間に動脈硬化が進んでいます。運動不足、偏った食習慣、過度の飲酒、喫煙、ストレスなどが、生活習慣病である高血圧、脂質異常、糖尿病をもたらし、血管の動脈硬化を引き起こします。最終的には虚血性心疾患、心不全、脳血管疾患、痛風などをもたらします。薬物治療の目的は病気の発症を予防することですから、すでにどの程度の動脈硬化が起きているかを評価することは重要です。そのためには頸動脈の超音波や脈波伝播速度などの検査が有用です。

    詳しくはこちら

医師紹介

  • 神谷 春雄

    循環器内科

    名古屋大学医学部医学科卒業。名古屋第一赤十字病院にて研修、中濃病院、名古屋第一赤十字病院、名称変更後日本赤十字社愛知医療センター名古屋第一病院(循環器内科部長)を経て2022年よりクリニック ヘルスケアテルミナに勤務。